タンパ空港へようこそ 【フロリダへ】

タンパに所在するタンパ国際空港は、とどまることなく日々発展を続けている。

つねにどこかを工事していて、どんどん便利になってゆくが、残念ながら日本からの直行便は出ていないので、こちらに来られる場合には、主要都市から乗り換えとなる。

タンパ空港は規模的にも巨大ではなく、レイアウトが非常に分かりやすいので迷子になる心配がない。





出発するときは、それぞれのゲートからシャトル(モノレール)に乗って搭乗口まで行ける。

つまりFは1本路線の最終地点ではなく、F専用のシャトルに乗り、他のゲートを通過することなく搭乗口に行くことができるのだから、とても便利!
送りの人たちも。シャトルに乗る直前のゲートの入り口まで一緒に行くことができる。

到着のときもまた、シャトルを降りたところにあるゲートの出入り口で、迎えにくる人たちと落ち合うことができる。

マップやレストラン、フライト情報などは公式サイトで
https://www.tampaairport.com/maps


photo from wikipedia

タンパ空港は1年前に、日本からスカイコネクトを輸入した。(写真左の、鳥の絵が描かれた電車)

タンパ空港のSNNでは、スカイコネクトの電車が日本の港をからカーゴ船に詰められている光景や、1か月後に無事にタンパに到着した光景、港から空港に送られ、テスト運転している様子がまめに投稿されていた。



この動画がフェイスブックにアップされたときは、数百件ほどの「いいね!」やコメントがついていた。どうしてわざわざ日本から?という批判も多少はあったけれど、歓迎の言葉の方が多くて、タンパ空港が利用者たちに愛されている雰囲気が伝わってきた。




8月24日に初試乗運転。それから13カ月ほどかけて試乗運転が繰り返された。安全第一!

今は無事、ロングステイの駐車場とターミナルをつなぐモノレールとなって活躍している。


さて、空港から各場所へのアクセスだが、バスやシャトル、レンタカー、自家用車のみになり、電車や地下鉄はない。

タンパ空港のサイトではタクシーの項目でイエローキャブとその他の会社の電話番号を載せているし、近年ではUBER等のシェアライドを使う人たちも増えていて、タンパ周辺なら問題はないかもしれないが、

サラソタ・ブラデントンに行かれる人たちにはお薦めしない。私だったら絶対に乗らないし、子供を一人で乗せることもしない。女性や子供の長距離ライドも避けてください。レイプ事件などは滅多になくても、起き続けているのも事実です。

タンパ周辺は治安は比較的良いものの、ウーバーやリフト関連のトラブルは相変わらずある。(日本とはまったく違うと認識することが必要)
しかも、フロリダは車検がないので、素人の車や流しのタクシーはボロボロの車でやって来ることもあり危険だ。
イエローキャブは評判も悪く、FBを見てみるといつもUBERの悪口しか書いてないのに、コメントに書かれた苦情も無視という感じだし、街を走ってるキャブの状態の悪さに驚く。もちろん例外もたくさんあるが、不幸な例も見聞きしている。

ということで、サラソタ方面に行かれる方への個人的なアドバイス

●留学される方は留学機関のシャトルを利用する

●ホテルが決まってる方はホテルのシャトルを利用する

●友達や知人が来てくれる場合にはお願いする

●タクシーはできれば前もって、ハイヤーやリモを予約する。

タクシーやリモを手配するときには、口コミや検索で会社を調べてSNSやホームページをチェックする。チェックポイントとしては、運転手の犯罪歴チェック有無、車の保険、車の車種が書かれているか。SNNで仕事状況(常連はいるか、どういう仕事をしているかが分かる写真)やレビュー、車の写真などもチェックすると安心だ。
長距離の予約を入れる際には、保険の有無、車の種類や年代を聞く。安全を危惧する乗客やイベントの幹事なんかは、アメリカ人であっても普通にやっていることなので遠慮は不要。

サラソタ方面への運転は道路が分かりやすいので、レンタカーでの運転もお薦め。

空港から南方面に向かうときは海の上にかかる長い橋や、クルーズ船が下を通過できるほど背の高いサンシャインスカイブリッジを走るので、絶景を楽しむことができる。




普段ここを運転するときは、美しい眺めだな~と感動するだけなのだけど、こうして改めてドローン撮影を見ると、なぜかじーんとしてしまう。私はどうして好きこのんで、こんなに日本から遠い、地球の果てみたいなとこに住んでるの~?と改めて思い浸ったりして。。(笑)

楽天