新型コロナウィルス 【フロリダ】



今現在、世の中はコロナウィルスで大変なことになっていますね。
フロリダ西海岸では、少なくとも私が住んでいるエリアでは、。中国人旅行者もほとんど見られないためか、それほど緊迫感もなく、マスクをつけてる人も見当たりません。

海外客の多い東海岸のオーランド空港やディズニーなどのテーマパークも通常と変わりないどころか、昨日はスーパーボールパレードで大賑わいだったようです。


パレードの様子

私のタイムラインにしつこく流れてくる中国人によるチャイニーズ・アクロバットのショウにしても、来月も引き続き開催されるようです。


マイアミ空港では到着客のスクリーニングテストをはじめました。

現在フロリダで大きく話題になっているコロナウィルスのニュースは私の知る限り2つあります。

そのうちのひとつは、コネチカット州のイェール大学で行われた模擬国連に参加したパームビーチ地区の高校生と教師3人が、コロナウィルス感染の疑いがあるということで検査を受けていたこと。同じく参加者である中国からの学生たちが発熱と咳をしはじめたことでイベントそのものがキャンセルになったのです。その後、中国人学生たちはインフルエンザにかかっていたことが判明。
フロリダの学生や教師たちも、コロナウィルスに感染していなかったということで、誰もがほっとした結末でした。


もうひとつは、武漢大学に留学中だったフロリダの大学生のニュース。

彼はウィルスが発生したと信じられていたマーケットからたった16キロの場所に滞在していたということで、住民は消え去り、道路には自動車も走っていない状態におちいってしまいました。

大慌てで列車に乗ろうと思ったものの、そんな人混みに行くんじゃない!というフロリダにいる親からのアドバイス通りに帰宅したものの、どうしたらいいのかまったく分からなかったそうです。怖!

アメリカ大使館から、$1,100 ドルを払えばチャーター機に乗せてもらえるという話を聞かされたものの、そこから約48キロ離れた空港までの手段はなし。それを言うと、大使館側は、それじゃあその席は、他の人に譲りますね、といって電話を切ったそうです。

これが自分の子供の身に起きたことだと思うと、ぞっとしませんか?(ニュースが出たあとの大使館の言い訳としては、お年寄りと子供、病人が優先だったということですが)

幸いにしてこの青年は二重国籍を持っていて、もう一つの国であるドイツに長く住んでいたこともあり、ドイツ大使館に連絡をして空港までのバスを手配してもらったとのことです。



コロナウィルスのニュースだけでも不安になるのに、こんな話を知ってびっくりしました。


 


  

楽天