3月末のフロリダ西海岸



フロリダのコロナウィルス感染者が増え続けています。
一番酷いのがマイアミ。その次がタンパ、オーランドといった都市。
ただ、こちら西海岸のタンパとセントピーターズバーグおよびブラデントンとサラソタはの合計は、このマップで見る限りは、マイアミとその周辺エリアとは比較にならない低さです。

以下の投稿は、昨日のタンパ周辺の写真。
週末だというのに道路はガラガラ。よく見ると、ぽつぽつと離れて車が停められていて、釣りをしたり、散歩、サイクリング、水遊びしている人たちがちらほらいます。




私たちは、ちょうどこの日、この橋を遠目に眺めながらカヤックを楽しんでいました。公園の駐車場がいっぱいで驚きましたが、ひとたび海に出てしまえば他人と接触することもなく、セント・ピーターズバーグの美しいマングローブのトンネルの中をカヤックで心ゆくまで楽しんできました。

岸沿いのサンドバーにはボートが数フィートごとに停泊していて、音楽をかけたり奇声が聞こえてパーティ騒ぎのようでしたが、それでも大都会の人口密度に比べればたかが知れたもの。

ビーチは基本的に閉鎖されていますが、海や湾へのアクセスは至るところにあるので、混雑しない場所を選んで自然と戯れる時間も必要かもしれません。



ボートランプやマリーナなどは閉鎖されていますが、自分でボートやカヤックを出せる人は水遊びすることは可能。
屋外の散歩や運動も禁止はされていません。
ほとんどのレストランやカフェは閉鎖中で、一部テイクアウトが可能です。公園や美術館等の施設も閉鎖。店も閉めている場所が多数です。

感染への恐怖はもとより、経済的な不安、屋外活動や通学、通勤ができないフラストレーションなどが溜まっていく一方ですが、フロリダの大自然は強烈な癒しパワーに満ちています。

それぞれにルールを守りながら、できる限り助け合い、この辛い時期を乗り越えていきたいものです。



   



楽天