30日間を乗り越えよう 【フロリダ西海岸】



『南部フロリダ州も自宅待機令 外出規制』のニュースを見た日本の知人たちから心配メールを頂くのですが、フロリダの西海岸の人口密度は大都会のそれと違うために、どうも規制が曖昧です。

たとえば、ほとんどの教会も閉まっているけれど宗教行事はしていいし、ボートランプやマリーナは閉鎖されているけれど、自分で出せる人はヨットやボート、ジェットスキー、カヤックなどを楽しむことはできる。ビーチは閉鎖。でも、地元人はビーチ以外のアクセス方法を知っているから群がらなければ行ってよし。釣りもOK。

先週の日曜日に、ほとんど人のいないタンパ近郊で私たちはカヤックをしていたのですが、対岸の、豪邸が並ぶ水際のサンドバーには個人所有のボートが並び、結構みんな群れてパーティしてて、陽気な音楽が流れていました。自分達は棚に上げても、あれはダメでしょう。。。と思いきや、その向こうのガンディビーチの近くでカヤックをしていた人たちの方が、群れていなかったのにも拘わらず、警官に帰宅を命じられたのこと。『趣味や運動の外出はOK』の規定が曖昧です。

ちなみに、ガンディビーチで遊んでいた人も警官から怒られたとのことで、その記事と写真がこちらですが、これはどう見てもダメでしょう。

tampabay.com



感染者の跳ね上がり方がすごいので、やはり趣味や散歩もほどほどにして自宅待機するべきでしょう。

車での移動は、州境でなければ、今のところ尋問はないようです。家族や恋人、友達のもとに行くのも許可されています。サラソタ~タンパ間でも運転可能。現に私もそうやって週に2回ほどサンシャインスカイブリッジを渡っているし来客もあります。

ただ、それぞれに交友・家族関係があり、通勤してる人もいるので、二次感染のことを考えると、やはりこの30日間は自宅自粛が望まれます。頑張りましょう!

。。と言いつつ、今日も明日も人に会ったり、レストランのテイクアウトや食料品の買い物を予定してしまってる私ですが。。。

ゴルフコースは、趣味と運動だからOKということで開いているようですよ。さすがに戸惑いの声もあがって、今日中に再検討されるようですが、なにかと曖昧な規定なのは確か。

タンパ空港のスタッフ3人に感染が発覚というニュースが、今日ありました。大学はもちろん、IMGも閉鎖です。早々と日本に帰国された学生さんの親御さんたちからも(知り合いやクライアントの方)そうしたご報告を受けてほっとしていますが、不安で不便で大変な思いをされたことと思います。一刻も早く状況がおさまって、世界中の学生たちがまた元気に学校に戻れますように!(そして職場復帰も~)



楽天