フロリダで一番古いレストラン 【タンパのコロンビアレストラン】


2カ月近くレストランが閉鎖またはカーブサイド・ピックアップ・オンリーとなっていたフロリダ。その間に、残念ながら潰れてしまった場所も多々あります。


そんな中、5月18日からはようやくフル・フェーズ1に入り、25%しか許されていなかったレストランの座席数は50%にまで増え、外席は特に規制がかからない様子。

ということで、先週末はタンパ、センピからサラソタにかけての人気レストランは、列ができるほど混み合い、外席もほぼ満席。サーバーは手袋とマスクの着用が必須ですが、客の方がほとんど誰もマスクをしていなくて、なんだか以前に戻ったような光景があちこちで見られました。

そして、フロリダで一番古いレストラン、コロンビアも、次々とオープンしています。


コロンビア・レストランの歴史







This week’s Throwback Thursday looks at the evolution of the Patio dining room at the Columbia in Ybor. . The room originally opened in 1937 as an open-air option for customers. . In pleasant weather, the Patio atrium provided unexcelled al fresco dining. But uncooperative weather could put a damper on things. But Florida weather being unpredictable during the summer required installation of a sliding-glass roof. . One day a sudden thunderstorm sent Patio patrons running for cover. Workers could not close the roof fast enough to save several tables of food and drink. Tampa Tribune columnist Paul Wilder noted, “There are friends who the minute they notice rain sprinkles call and warn us to ‘Cierra el techo’ — Shut the roof.” . Management sometimes forgot to close it at the end of the night. The next morning, workers often found themselves mopping up the rain. On one occasion, the oversight killed about 100 fish in the dining room's fountain on a cold winter night. . The Hanging Gardens of Babylon were said to have retractable roofs, and Columbia's 2nd generation owner Casimiro Hernandez Jr. wanted to be able to close the skylight with the flip of a switch. Byron Bushnell, owner of a Tampa steel company, built the patio’s double windows on rollers. An electric winch powered the contraption. Sometimes the cables got stuck, and temperature fluctuations cracked panes of glass so often that the Columbia’s insurance carrier refused to pay for more. . By 1950, Casimiro had tolerated enough from the troublesome skylight. A heavy thunderstorm during the noon rush broke a pane. Waiters rushed their patrons to new tables away from the rain. . In 1951, Casimiro upgraded the Patio Room. New plastic windows came with none of the worries of the glass. Casimiro had reached his wit’s end about the roof. In the hottest days of summer, heat drove diners from the patio, and sudden rain continued to be a problem. The sliding windows closed for the last time that August. Air-conditioned comfort outweighed patrons’ desire to dine in the open air. . * This post contains excerpts from: "The Columbia Restaurant: Celebrating a Century of History, Culture, and Cuisine," by Andrew T. Huse
Columbia Restaurant(@columbiarestaurant)がシェアした投稿 -


サイトによると、1905年に、キューバから移民してきたカシミロ・ヘルナンデズによって創立された、フロリダで一番古いレストラン。そしてなんと、世界で一番大きなスペイン料理レストラン、だそうですよ!


タンパの本店を映画で見る

最初のレストランは、タンパのイーボ・シティに創立されました。

当時は、キューバンコーヒーとキューバンサンドイッチを扱う60座席数のカフェで、おなじくイーボーにあるキューバン・シガー(キューバ製の葉巻)の工場の労働者たちが主な常連客。

この頃の様子がちょっと想像しづらい、という方には、ベン・アフレック主演の「夜に生きる」という映画がお薦めですよ。



アマゾンで視聴する


ときは禁酒法の時代。サロンの閉鎖を迫られたカシミロは、隣の『ラ・フォンダ』レストランの経営者であるマニュエル・ガルシアと『コロンビア』を合体させることを決意。

1929年にはカシミロの息子(カシミロJr)も運営に加わり、1929年にはレストランの経営者に。広いダイニングにエレガントな音楽を流し、ダンスホールにするなど、当時のフロリダ西海岸では前代未聞のサロンへと進化させました。(上の映画に出てきます)

また、1935年の大恐慌の際には、タンパで初めてエアコンつきのダンスホールつきのレストランにして経営を続けることができたのです。


第3世代

カシミロJrとその妻のカルメンに、アデラという娘が生まれました。

アデラはジュリアード大学で学び、ピアニストとして活躍し、1948年にヴァイオリニストのシーザーと結婚。シーザーの高級クラブでの演奏活動のため、2人は全米中を移動していたものの、父親であるカシミロJrの体調が崩れたのをきっかけにタンパに戻って来ました。

2人はレストランの経営を手伝うかたわら、ケーシーとリチャードと名づけた2人の息子に恵まれました。
 
1960年代に入って時代と共にイーボーシティの賑わいが衰退していってもレストランビジネスをどうにか続けていました。

シガー工場で働く労働者たちが住んでいた住宅街はスラムと化し、ラテン・クォーターとなったイーボーはタンパの繁栄から取り残されていきました。次々とビジネスが破綻して経営者ファミリーが引っ越していく中、夫婦はイーボーシティを復活させようと決意。

1956年にシボニールームを増築し、トップクラスのラテンダンサーを招いてパフォーマンスを催すなどして盛り上げたのです。

タンパのイーボシティの本店では、今でもフラメンコダンサーのパフォーマンスを見ることができます。

人気レストランとなったコロンビアは、1959年にサラソタ店をオープンさせ、サラソタで一番古いレストランとなりました。


1905オリジナル・サラダのレシピ




サラソタ店はリドビーチのすぐそばにあるSt.Armandサークルにあり、いつも大賑わいです。

私たちはこの日、コロンビア・オリジナルの1905サラダも注文。
目の前で材料を混ぜ合わせてくれます。


Columbia’s Original “1905” Salad®
The Columbia’s legendary salad. Crisp iceberg lettuce* with julienne of baked ham, natural Swiss cheese, tomato, olives, grated Romano cheese, Lea & Perrins® Worchester sauce and our famous garlic dressing. 14 Smaller version served with entree.

このドレッシングが美味!なんとサイトではレシピを公開しています。太っ腹!


4 cups iceberg lettuce, broken into 1 ½" × 1 ½" pieces
1 ripe tomato, cut into eighths
½ cup baked ham, julienned 2" × ⅛" (may substitute turkey or shrimp)
½ cup Swiss cheese, julienne 2" × ⅛"
½ cup pimiento-stuffed green Spanish olives
“1905” Dressing (see recipe below)
¼ cup Romano cheese, grated
2 tablespoons Lea & Perrins Worcestershire Sauce®
1 lemon


第4世代 

さて、シーザーとアデラの2人の息子であるリチャードとケーシーは、それぞれ12歳になると、幼いながらに、すでにレストランを手伝いはじめました。

荷物の受け取り、そして多忙な料理人たちのために、調味料や食材などをきちんと準備しておく役目などを経て、

ケーシーはその後、スイスのエコールとマドリッドの学校でホテル産業を学び、パリとスイスのレストランやホテルで見習いに。
リチャードはデンバーの大学でレストラン経営について学んだあと、マドリッドへ。

それぞれ教育を終えてタンパに戻り、シーザーはタンパ、ケーシーの方はサラソタ支店を経営。1983年にはサンド・キー、1997年にはセレブレーションに、そして2009年にはタンパのリバーウォーク、2012年にはタンパ空港に支店をオープンさせたのです。

そして現在は第5世代

コロンビア・レストランは、創立115年のファミリー経営レストランとして、ますます人気を高めています。

現在はリチャードの娘であるアンドレアと、ケーシーの息子であるケーシーJrがレストラン経営のコーポレートオフィスに勤務。その他の子供達、そして第6世代となる孫たちもいるということで、ファミリービジネスは安泰ですね。

(詳細はコロンビアのウエブサイトより)


たくさんの賞を受賞!


コロンビアレストランは、数えきれないほどの賞を受賞しています。
ざっと見てみると、1905サラダは、USA Today誌が選ぶアメリカのトップ10ベストサラダに選ばれていました。すごい!

  • Named One of America’s Most Historic Restaurants by USA Today.
  • Named an All-American Icon by Nation’s Restaurant News, one of only fifty restaurants in the U.S. chosen for this honor.
  • Named One of 21 of the Most Legendary Restaurants in America by FSR Magazine.
  • Named One of the 100 Best Restaurants for Groups in America by OpenTable.
  • Earned the “Distinguished Restaurants of North America (DiRoNA) Award of Excellence” in 2005 and every year since.  One of the most prestigious awards in the fine dining industry.
  • Honored in 2005 from the State of Florida House of Representatives congratulating The Columbia on their then 100th Anniversary, and the distinction of being Florida’s Oldest Restaurant℠, as well as the Largest Spanish Restaurant in the World.   (House Resolution 9013)
  • Named to Nation’s Restaurant News Fine Dining Hall of Fame.
  • Honored For 50 Years As “One Of Florida’s Best Restaurants” By Florida Trend Magazine
  • Named to Florida Trend Magazine’s Golden Spoon Hall of Fame in 2005 – the industry’s highest regional award as “One of the Top 25 Restaurants in Florida.” Named “One of Florida’s Top Restaurants” since 1967.
  • Winner of Wine Spectator’s Best of Award of Excellence, in 2004 and every year since for an outstanding collection of Spanish wines, with more than 1,056 different wines, inventory exceeds 50,000 bottles).
  • Honored with a Five Forks rating by the government of Spain as Outstanding Spanish Restaurant In North America.
  • The Columbia Restaurant Cafe at Tampa International Airport was named One Of The 35 Best Airport Restaurants Around The World by The Daily Meal.
  • Richard Gonzmart's Family honored with the 2008 “Spirit of Philanthropy” Award after being nominated by Moffitt Cancer Center and Meals on Wheels in conjunction with National Philanthropy Day.
  • Awarded the Celebration of Free Enterprise Award in 2007 - the University of South Florida.
  • The Columbia’s Original "1905" Salad® selected as “One of America’s Top 10 Best Salads” by USA Today.
  • Named one of Southern Living Magazine’s “Favorite Regional Tastes” for Spanish and Cuban cuisine in the April 2005 “Our Favorites” issue. 
  • Chosen “Our Favorite Romantic Restaurant" by the Southern Living Magazine’s writers in February 2004.
  • Awarded the National Restaurant Association’s 2003 Restaurant Neighbor Award for the State of Florida.
  • Winner of the 2001-2002 MassMutual National Family Business of the Year award.



楽天