コロナ禍でもMLB野球観戦 【フロリダ】


タンパのメジャーリーグチームといえばタンパベイ・レイズ。セント・ピーターズバーグのトロピカーナ・フィールドが本拠地です。


2020年にはコロナ禍の中、無観客での試合で大活躍したレイズ。

2021年に入り、MLBのシーズンオフ中のトロピカーナ・フィールドでは、これまた無観客のWWEの試合会場になったり、駐車場で恐竜イベントが行われていたりしましたが、4月には無事、観客入りでシーズンを開幕させることができました。

とはいえ、4月に訪れたときは、たしかチケット販売数は2000枚に限定され、マスク必着で観客席もガラガラ。

テキサスレンジャー対レイズの試合。
ガラガラでした。

6月現在はチケット販売数も2万枚に増え、マスク着用の義務化もなくなり、水槽にはトレードマークのレイも戻って観客から歓声があがる賑わいぶりでした。




上の写真は、昨日の試合。レイズの打者がホームランを放って盛り上がっているとこ。天井のカラーがきれいに変身。



Wikiより

地元トロピカーナ・フィールドでは、カウベルを鳴らしてレイズを応援することが恒例となっている。日本では鳴り物で応援することが多いが、MLBでは基本的に鳴り物での応援は行わないため、珍しいことである。カウベルによる応援はオーナーのスターンバーグが、TV番組「サタデー・ナイト・ライブ」から得たアイデアで、球場でもカウベルを販売しており、ほとんどの地元ファンがカウベルを持って試合観戦を行っている。レイズのチャンス等ではファンがカウベルを鳴らし、ドーム球場ということもあってカウベルの音が球場中に響き渡り、独特の雰囲気を醸し出している。



ショップで購入したタンパベイレイズのカウベル。カウベルもどきの応援ベルというか。盛り上がったときに、これをみんなでちりんちりん鳴らす。。。



ちなみにトロピカーナ・フィールドはMLBの中でも観客席が一番少ない施設で唯一の完全インドア。建物も古く時代遅れ感が大きく、不人気のためもあるのか、チームの本拠地移動やドームの取り壊しが話し合われています。

たしかにタンパのフットボール会場に比べるとあまりに地味で可哀想なくらいだけど、夏の暑さと夕立の多いフロリダでは、冷房つきのインドアスタジアムはかなり理にかなってると思うし、地味という点をのぞけばとても利用しやすい建物だと思うのだけど。




(完)


コメント